司法書士:神奈川県大和・海老名・座間・綾瀬市で、相続、遺言、債務整理、不動産名義変更、会社設立などのご相談。

2012-09-03

2012-09-03

Tag: 雑感

デフレの正体

 今回は本の紹介です。債務整理の仕事をしていると、今後の日本の行く末が気になります。

「デフレの正体 経済は「人口の波」で動く」 (角川oneテーマ21)

 もうちょっと古くなった(2010年6月発行)かもしれないけど、結構売れた本で、前から持っていたものを最近読み始めてほぼ読み終わりました。

 今の日本の構造的な不況は人口が減少していくことにあり、これからも日本の景気はよくなるわけはなく、どうやってじっと我慢していくのかではないかと感じていました。この本は、それについて明快な答えを提示してくれました。

 まだ、人口が減っているわけではないのに、なぜ不景気になっているのか。それは、高齢者が増えて生産年齢人口が減っていることによる。総人口は減っていないが、国の活力を支える若者は減っているのです。

 結構納得できるところがあって、面白く読めましたが、賛同できない部分も沢山ありました。対策として内需拡大のため、賃金を上げろとか、女性の就業率を上げろといっても、仕事自体がない現在、どうすればいいのでしょう。この本で欠けていると思えるのが、現在の産業が国際競争にさらされてて、産業が空洞化しているということなんじゃないかな。

 amazonでの評価も、平均評価がひどく低いわけでないけど、酷評しているものも結構多いですね。それでも、いままでこういう視点から分析した本はなかったので、一度読んでみると面白いです。


コメント


認証コード3128

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional